七夕の起源とは?願い事をする意味や歴史について

本日は七夕ですね。

七夕と言うと、短冊に願い事を書いて笹の葉に吊るしたり、
お星様に願い事をしたりしますよね。

七夕の夜にだけ会うことができる織り姫と彦星の物語もありますよね。

実際七夕って何の行事なの?なぜ七夕に願い事をするの?
ということで、調べてみました。



実は現在神道に少し興味を持ち、本を読んでいるのですが、
七夕はもともと神道における神事が起源の1つであることがわかりました。

厳密には、願い事をすることや、織り姫彦星の七夕伝説は
中国から伝来した行事や物語であり、
日本古来の神事に加え様々なものが組み合わさって現在の風習ができたそうです。

七夕は、節句の1つです。
節句とは、1年の中で大切な節目となる日に行われる行事やその日のことで、
人日(1月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、
重陽(9月9日)が五節句と呼ばれます。

これらは私たちの生活によく根付いていますよね。
3月3日のひな祭りにひな人形を飾ったり、
5月5日のこどもの日に鯉のぼりを立てたりと、節句の行事が行われます。

これらの節句は、もともとは古代の農村の祭りの行事で、
祓いをして身を清め、神をまつり宴会をする神事だったのです。

七夕は、古代日本で行われていた「棚機」という神事が由来しています。
着物を織って神にお供えし、秋の豊作を祈るという行事です。

七夕と書いて「たなばた」と読むのは、
女性たちが棚機(たなばた)という織り機で着物を織っていたことが
由来していると言われています。

その後、中国で7月7日に行われていた乞巧奠(きこうでん)
という文化が日本に伝来して、
日本古来の農村で行われていた神事・棚機と結びついたとされています。

乞巧奠とは、女性がはた織りや裁縫が上達するようにと、
7月7日に星にお祈りをする中国の行事です。

織姫星(織女星)は裁縫の仕事を司る星と考えられており、
この星が最も輝く七夕の夜に、
裁縫が上手になるようお供えをしてお祈りをしていたそうです。

この中国文化が奈良時代以降日本にも伝えられ、
はじめのうちは宮中行事として行われていたのが、
江戸時代には庶民の間に広がり、
七夕の日に習い事の上達を願う風習が根付いたと言われています。

そういった乞巧奠の風習に加え、
中国に古くから伝わる織姫と彦星の星伝説にちなんで、
男女の良縁や出会いを祈願する風習も加わったそうです。

現在では、習い事、良縁に限らず
いろいろな願い事がされていますよね。

なぜ短冊に願い事を書くのか?という点については、
江戸時代の頃、習字の上達を願って短冊に書いたのが始まりと伝えられています。

そして、短冊を飾る笹竹は古来から神聖なものとされていて、
このような祭りに使われていたようです。

もともとの行事から、様々な文化の影響を受けて
現在の風習に変化してきたんですね。

七夕に限らず、現在行われている行事やお祭りは
もともとの目的や方法から時代とともに変化してきているものが多いと思いますが、
その風習の意味を知ることで、正しくお祈りできた方がおもしろいなと思いました。

神社へのお参りもそうですが、
観光地だからというだけでなく、祀られている神様のこと、
歴史のことなど徐々に知識を増やしていきたいなと思います。

それでは、今日はこれで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です