二度寝で後悔!寝すぎると頭痛になるのはなぜ?

やってしまいました…
二度寝で頭痛(- -,)

朝から頭がグワングワン重くて辛いです。
こうなると何もする気がなくなって、せっかくの休日が台無しになります。

といっても、昨日は8時間寝ただけなんですが…
6時半に自然と目がパッと覚めて、
目覚ましは7時半だから起きるのもったいないな〜って無駄な二度寝。

この選択により、1日の体調が一気に変わってしまうんですよね。
自然と目が覚めたときにそのまま起きると、
スッキリしていいテンポで1日が始まるのがわかっているのに。

以前、会社勤めでかなりハードに働いていたときは、
心身ともに疲れていたので休みの日はお昼くらいまで平気で寝てました。
6時に目が覚めるなんてこと、なかったです。

今は在宅でストレスも疲れも少ないから、
そんなに睡眠が必要ないんだろうなと思います。

あとは年齢。
年を取ると若い頃に比べて睡眠がそんなに必要なくなるって言いますよね。



それはともかく、何で寝すぎるといつも頭が痛くなるんだろう。
もともと頭痛持ちってのはあるけど、寝起きから頭痛は辛いです。
二度寝したことを後悔します(◞‸◟)

寝過ぎによる頭痛は、一般的には偏頭痛であることが多いようです。
寝ている状態は、リラックスして緊張が緩み脳の血管が拡張します。
睡眠時間が長いと血管が拡張しすぎて周辺の神経を刺激するため片頭痛が起きます。

そしてもう1つ、緊張型頭痛というのもあって、
寝過ぎによる頭痛はこれの可能性もあります。

睡眠時は体が動かないので、長時間寝ていると首や肩の筋肉が凝ってしまいます。
筋肉が緊張して血流が悪くなるため頭痛が起きるというのが、緊張型頭痛。
よくパソコンでのデスクワークの仕事とかで頭痛持ちの人いますよね。

頭痛にも種類があり原因が全く違うんですね。
偏頭痛は血管を収縮させることで頭痛が改善されるけど、
緊張型頭痛は血管を拡げて血流を良くすることで和らぐので、
対処法が真逆なんです。

偏頭痛は冷やしたりコーヒーを飲んだりして
拡がった血管を収縮させるのが対処法だそうです。

一方、緊張型頭痛は冷やしちゃダメ。
ホットタオルで温めたり、マッサージやストレッチなどで
緊張をほぐして血行を良くすること。

どっちの頭痛か知らずに間違った対処法をとると、
さらに悪化させてしまうことになるんですね。

困りますね。
今日の頭痛はどっちだろうか…。

偏頭痛はズキンズキンってくる激しいやつなので、
今回は体の筋肉が凝ったことによる頭痛な気がします。

頭がガンガンというより、
肩より上が全体的にどんよりだるくて重い感じなので。

ちなみに、偏頭痛を誘発する食べ物や飲み物はというと…
血管を拡張する作用のあるものの大量摂取がいけないようです。

ポリフェノールを含む赤ワイン、チョコレート、
チラミンを含むチーズ、バター、
グルタミン酸ナトリウムを含むインスタント食品やスナック菓子などです。

反対に、頭痛を和らげる食べ物は、
マグネシウムを含むバナナや豆類、
オメガ3脂肪酸を多く含むサーモンやイワシ、
ビタミンB2を含むヨーグルト、ほうれん草、牛乳などだそうです。

血管を弛緩させたり血圧を下げたりする効果がある食べ物なので、
偏頭痛に効くということです。

ちなみに、だるいけど活動していたら、
凝りがほぐれたのか徐々に頭痛はなくなってきました。

頭痛持ちだからバファリンが常備薬なのですが、
あんまり薬に頼りたくないという気持ちがあります。

今回調べた頭痛が起きたときの対処法を今度実践してみよう。

それでは、今日はこれで。

 

二度寝で後悔!寝すぎると頭痛になるのはなぜ?” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です