今夜は中秋の名月。意味や由来は?

こんにちは。

本日10月4日は中秋の名月、十五夜ですね。
Googleの検索トップページもお月様の前でうさぎがお餅ついてます(笑)
曇りっぽいですが、お月見はできるでしょうか。

さて、中秋の名月って言いますが、
恥ずかしながら何のことかわかっていません。

すすきにお団子のお供え物、月にうさぎの模様…などのイメージと、
満月がキレイでお月見をする日?くらいの認識です。

ということで、中秋の名月について調べてみました。



まず、中秋の名月とは、旧暦の太陰太陽暦で8月15日の夜の月を指しています。

この中秋の名月を鑑賞する習慣は、
平安時代に中国から伝わったと言われているそうです。

もともと日本でも、月を農作の神様として崇め、
稲の豊作を祈る収穫祭がこの時期行われていたそうで、
その習慣と中国から伝来した習慣が融合されて、
お月見の行事が引き継がれてきたんだとかそうじゃないとか…

情報が色々で詳しくはわかりませんが、大体由来はこんな感じだとわかりました。

そして、秋は空気が澄み渡っていて、月の高度もちょうどよく、
お月見に適した時期なんだそうです。

夏のように月の位置が低すぎると、地表付近のちりや明かりの影響で
月がきれいに見えなくなるし、
冬のように高すぎるのも見上げるのが大変でお月見には適してないとのこと。

たしかに、月の満ち欠けは常に行われていて、
満月は何度もあるのに、お月見っていうと秋ですもんね。
昔からの風習とは言え、ちゃんと秋にお月見をする根拠がわかりました。

しかし、中秋の名月とは満月とは限らないとのこと。
これは、月が新月から満月になるまでにかかる日数と、
旧暦の日にちの数え方が少しずつずれてしまうからだそうです。

私も含め、名月っていうくらいだから満月なのだろうと
勝手に思っている人が多いですよね、きっと。

でも、だいたい満月の頃なので、満月同様に綺麗であることは確かだそうですが。

ちなみに、今年の中秋の名月は満月の2日前とのことで、
実際に満月になるのは10月6日の未明頃だそうです。

東京にいると夜でも空は明るいし、星は見えないし、
月も建物が邪魔でどこにあるかわからないし、
お月見なんて習慣は全くなかったですが、
歳をとるにつれて、落ち着いて自然を愛でる気持ちが生まれてきました。

予報によると今夜はお月見日和らしいので、
旦那と夜の散歩でもしてお月見を満喫したいと思います(・∀・)

それでは、今日はこれで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です