妊活日記:タイミング法とフーナーテスト

現在、妊活をしております。

まだ30歳と若い方と言えば若いのかもしれませんが、
結婚して何年も経ち「そろそろ子供がほしいな〜」と思いながら
1年半以上なかなかできないので、早めに行動しようと思い、
30歳を機に婦人科に通うことにしました。

多くの方がそうだと思いますが、
まさか自分が子供ができないと悩むなんて、想像していませんでした。
皆時期が来たら子供を産むんだろうと。

「次はできるかも」という淡い期待を持ちながら、
毎月リセットしてしまい落ち込む日々。

何か原因があるとしたら、
早く対処しなければあっという間にまた1年過ぎてしまう…と思い、
思い切って不妊治療を受けることに。

でも、結構不妊で悩む人って多いんですね。
自分の身近でも結構いますし、
病院にも同じ年代くらいの人がたくさん来ていました。

そういうことが友人と話題になったり、関心を持つ年代になったから
今まで知らなかっただけというのもありますが、
決して特別なことではないのだとわかりました。



現在は、不妊治療で最も初期のタイミング法を行っています。

初診で、超音波検査で子宮や卵巣の状態を見てもらい、
不妊に影響するホルモン異常がないか血液検査を受けました。

甲状腺の機能異常で不妊になることがあるらしく、
甲状腺刺激ホルモン(TSH)の数値を確認しました。

検査の結果、排卵やホルモンの数値に以上は見られなかったので、
タイミング法をやりながら、他に原因がないか確認している段階です。

ちなみに、夫も精液検査を受けて正常でした。

私も夫も若くてとりあえずは正常なのに妊娠しないという場合、
考えられるのは、性交後の精子の持続率が低くて卵子までたどり着かないか、
卵管が詰まっているかということだと先生に言われました。

精液検査で精子自体の運動率や数に問題がなくても、
子宮頚管粘液と精子の相性はまた別の問題で、
女性の体の中に入ってから精子が元気に生きているかは
調べないとわからないとのことです。

そのため、タイミング法とあわせて、
フーナーテスト(ヒューナーテスト)というものを受けることになりました。

採血によるホルモン検査で排卵日を特定して、
先生に指示された日時に性交を行い、
その翌日におりもの(子宮頚管粘液)の中で精子が生きているか調べるものです。

性交後試験とも呼ばれます。
検査のタイミングが限られているので、
性交のタイミングや検査の時間帯も指定されます。
一般的には検査の12時間程度前に性交を行います。

フーナーテストってどんな検査なのか?
痛いのか?費用は高いのか?検査結果はいつわかるのか?
とかいろいろ心配でしたが、

思いのほか特殊なものではありませんでした。

検査としては、通常の内診とあまり変わらず、
内診のときの違和感や不快感はありますが、
痛いということはありませんでした。

子宮頚管粘液を採取するために機器を挿入しますが、
特別大きなものだとか、痛いものということはなかったです。

そして、その場ですぐ先生が顕微鏡で見て確認してくれました。
フーナーテストの判定基準としては、400倍視野の顕微鏡で運動精子数を確認して、
15個以上なら優、10-14個なら良、5-9個なら可、4個以下なら不良とのことです。

結果は異常なし!
というより、びっくりするくらい数も多く元気だと言われました(笑)

良いことですが、なんか、恥ずかしかったです(。_。*)))

今回採取した子宮の入口部分の精子は残ったものなので、
卵巣まで行った精子はもっと元気だろうとのことです。

とりあえず、夫側はもう心配する必要はないということで一安心。

これで今回妊娠していれば万々歳ですが、
期待してダメだと悲しいので、過度に期待せずに待とうと思います。
まだまだ、不妊の原因は残されているので。

原因がわからないままモヤモヤしている状態が1番よくないので、
1つずつ原因をつぶしていって、前向きに妊活できるようにしたいと思います。

ちなみに、費用はホルモン検査、超音波検査、フーナー検査を受けて、
3500円ほどでした。

(採取料とか検査料とか項目が分かれているのと、単独で行うことは少ないので)
フーナーテスト自体がいくらかというのはわかりませんが、
通常の診察料とそれほど変わりませんでした。

ときどき、妊活ネタも日記にしていきたいと思います。

それでは、今日はこれで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です