妊活日記:卵管通水検査の結果と妊娠しやすい体作り

さて、本日卵管通水検査を受けてきました。

事前にネットでいろいろ調べたところ、
痛みを感じるかは人それぞれということだったので、
ドキドキしながら受けました。

ママナチュレ

結論、私は少し痛かったです。。。
激痛ではありませんが、イタタタタ…って感じでお腹に力を入れて耐えました。

検査は通常の診察台で行います。
子宮内に生理食塩水を通すカテーテルを入れて、
動かないようにバルーンで固定します。

この器具を入れたときにちょっと痛かったのと、
水を注入し始めて子宮内を水で充満させたとき、
卵管に水が通ってくときと…結論全体的に痛かったです。

水で子宮が膨張するせいか、ツーンと肛門痛がありました。
卵管を通っていくときは下腹部の卵管辺りに変な痛みが。

よく軽い生理痛に似てると言われているようですが、
確かにそんな感じの痛みだったかなぁ。なんか違うような気もするけど。

バルーンを膨らましてたり、
通常の診察のときよりも大きめ(のように感じました)な器具を入れられて、
ガチャガチャ操作されたので痛みはもちろん、不快感がすごかったです…。

検査自体は5分程度なので、ぐっと我慢していればあっという間ですが、
もうこういうのやりたくない(´д`)

結果は、問題なし!卵管の詰まりなどはないようです。
検査中も「全く(水の)抵抗ないですね」と言われました。

ここまで、卵子、精子、卵管の検査と、
今できる一通りの検査が終了して、現状問題なしです。

まだ、ピックアップ障害などの可能性も残されていますが、
これには腹腔鏡による検査が必要で、侵襲度の高いものです。

しかも、この腹腔鏡検査で調べても完全には断定できないらしく、
調べるためだけに手術に近い検査を行うのは通常しないとのことです。

まだ疑いが濃くもないのに、
お腹に穴開けて検査するなんてできないですもんね。

なので、最終的に体外授精するにしろ、
まずは6ヶ月ほどタイミング法で頑張ってみましょうということになりました。

明確な問題がないことがわかって安心と言えば安心ですが、
その反面、じゃぁなんでできないんだろう。。とも思ってしまいます。

ちなみに、今回卵管通水検査を受けるにあたって、
先生から持ち物について特に指示はありませんでした。

ネットでは、検査後に子宮が傷ついて軽く出血したり、
検査に使った水が漏れ出てくる可能性があるから生理用ナプキンを持参するよう
指示をしている病院もあるようですね。

私も念のため持っていきましたが、出血も水も出ず、問題ありませんでした。
これも人によるんでしょう。

検査費用は約1万円で、抗生物質を2日分処方されて帰ってきました。

ということで、無事に通水検査を終えましたが、
これから半年、毎月の妊娠のチャンスを無駄にしないように過ごしたいと思います。

あんまり頑張りすぎるとダメだったときにショックが大きいので、
必死になりすぎないようにはしたいと思いますが、
こうしとけばよかったって後で後悔しないように、
妊娠しやすい体作りを心がけます。

・ストレスを溜めないこと
・規則正しい生活をする(食事や睡眠)
・適度な運動をする
・体を冷やさない(お風呂に入る、普段の服装、食事)
・食事の栄養バランスを考える
・葉酸やマカを試す(サプリ興味なかったけど、友達も飲んでるし検討しよう)

などなど。
不摂生は避けて、健康的な生活を送るようにします。

ママナチュレ

あと、自分の体だけじゃなくて旦那の体調も大事ですからね。
仕事でストレスや疲れを溜めないように、
おうちでは栄養とってリラックスできるようにしてあげないと。

まだまだ妊活は続きますが、気長に頑張ります。

それでは、今日はこれで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です