妊活日記:妊活中はやっぱりシャワーよりお風呂?

妊活中に気を付けたいのが、体を冷やさないこと。

体が冷えて血行が悪くなると、卵巣や子宮の働きにも悪い影響を与えてしまったり、
受精しても着床しない原因にもなり得るみたいですね。

ぴのこはちゃんと妊活する前は35℃台と平熱が低めで、
足先やお腹周りなど結構冷えていました。

今は家にいるときは腹巻きをして腰回りを温め、
靴下をはいて足を冷やさないように気を付けています。

そして、気になるのが「お風呂」。
毎日お風呂に入って、体の中から温めた方がいいって言いますよね。




ずっと仕事が忙しかったので、もっぱらシャワー派。
お風呂は掃除も面倒だし、湧かすのも面倒くさいので、
年に数回しか湯船につかることはありませんでした。

でも、妊活し始めたし、お風呂入ることで妊娠しやすい体になるんだったら、
できることはやっておこう…!と思って、
最近はめんどくさくてもお風呂を湧かして入るようにしています。

でも、実際のところ、シャワーとお風呂でどれだけ効果が違うの?
ってとこが気になります。

夫婦2人なら、お風呂よりもシャワーの方が水道代もガス代も安いはず。
わざわざお風呂に入る価値があるのか?と。

調べたところ、驚きの情報を発見しました。

一般的にシャワーよりお風呂の方が体も温まるし疲れもとれるから
健康に良いと言われていますが、
「お風呂よりシャワーの方が体が温まる」という説もあるようです。

ホンマでっか!?TVで環境評論家の武田邦彦先生が、
自分で実験した結果、熱伝導率は空気中で10とすると、
お風呂(静止した水)だと100、シャワー(流水)だと1000ということがわかり、
シャワーの方が10倍体が温まりやすいと言っていたそうです。

あの番組の情報だと少し信憑性に欠ける気がしますが、
ある程度シャワーでも温まることは可能ということですね。

たしかに、シャワー浴びただけでも、
その後すごく火照って暑いときがあります。
熱めのお湯を浴びている時間が長かったのだろうか。

でもこれは体の表面が温まるだけで、
やっぱりお風呂で温まるのとは違うのでは…と思ってしまいます。

あと、シャワーで温まる場合は、
熱めのお湯を15分くらい浴びっぱなしにしないといけないようなので、
それはそれで難しいですね。もったいないし。

実際には湯船にお湯溜める方が水の量は使っているけど、
出しっ放しで流すというのはもったいない感を強く感じてしまいます。

温めるという効果だけで言うと、シャワーでも事足りることもあるようですが、
やはりお風呂に入るとリラックスできるというのがポイントでしょうか。

日本人は温泉好きだし、
湯船に浸かるとやっぱり「あぁ〜気持ちいい」ってなりますよね。

あとは、血流が良くなることで、
内蔵や筋肉に必要な栄養素がちゃんと届けられて働きもよくなるし、
老廃物の排泄も促します。

疲労回復や美肌効果のためにも、お風呂は入った方がいいですね。
特に今は大事な時期なので、
面倒くさがらず頑張って毎日入りたいと思います(´・ω・`)

それでは、今日はこれで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です