桜の種類

今週末は関東では最後のお花見のチャンスだったんではないでしょうか。
先週の土日は、土曜が雨ですっごく寒かったし、
今週末も雨降り&曇りでぱっとしなくて、せっかくのお花見が残念でしたね。

ぴのこは、今週平日のとっても天気がいい日に、
旦那と仕事をお休みして昼間からお酒を飲みながら花見しましたヽ(*´∀`)ノ
桜は八分咲きくらいだったけど、最高のお花見日和でした〜 

ただ、桜って全然種類わからない…白いのと濃いピンクのもある。
ソメイヨシノとか、八重桜とか聞いたことあるけど、どれがどれだかわからない…

桜に限らずだけど、花の名前とかがわかれば
もっと楽しいんだろうな〜と思います。
“花を愛でる心”を持って心穏やかに暮らしたいな・・・と思います。

そこで、花見シーズンも終わり今さらですが、
今日は桜の種類を調べてみたいと思います!




桜の品種はすごく多くて、野生種や園芸品種も含めると600種以上あるという情報が…
ちょっと知りたいだけなんだけど。。一気に調べる気が失せました。
なので、ざっくり簡単にだけまとめます。

もともと桜の原種が10種類くらいあって、
それらが交配してできた野生化した桜が100種以上あり、
野生種のことを「山桜」と言うそう。

人工的に交配して作られた園芸品種や栽培品種は300種以上で
こちらは「里桜」と呼ばれるそうです。 

よく聞く「ソメイヨシノ(染井吉野)」は、
日本の桜の約8割がそれにあたる国内で一番メジャーな桜。
学校や公園、川沿いとかの桜はほとんどソメイヨシノなんですかね。 

ソメイヨシノは江戸末期に植木職人が作った園芸品種と言われていて
もともとは吉野桜だったのが染井吉野に改名されたそうです。
白に近い薄ピンク色で、皆がイメージする「The 桜」という感じですよね。
 
八重桜は、八重咲きになる桜の総称で品種のことではないみたいです。
花びらが多くてポンポンみたいな桜。
色がピンク色なのが多い印象。個人的に八重桜好きです。
 
あと、寒い時期から咲くのが寒桜。
早いもので1月から咲くものもあるんだとか。
淡いピンク色の桜で、熱海に多く植えられていることから熱海桜とも言われるそうです。
 
エドヒガンザクラは、春の彼岸の頃に咲く桜。
丈夫な木で樹齢が長いのが特徴らしいです。
枝垂桜はエドヒガンザクラの変種が多いみたいです。
 
「日本三大桜」というのがあり、
福島県の三春滝桜、山梨県の山高神代桜、岐阜県の根尾谷淡墨桜の3つです。
どれも品種はエドヒガンザクラの系統で、とても大きい桜の木です。
国の天然記念物とのこと。いつか行ってみたいですね〜。
 
あと、いつも気になってたのが梅の花と桜の違い。
色が似ているから、いつもどっち?ってなる。
これは、一般的に花びらが丸い方が梅で、桜は先が割れているので見分けられるみたいです。
 
あと、梅は枝にくっついて咲いているけど、
桜は花柄が長くて枝にぶら下がるように咲いている。
ちゃんと見比べてみると全然違うんですね。
 
来年の花見シーズンにはもう忘れてそうだけど…
今度は違う種類の桜をいくつか花見してみたいです。
 
それでは、今日はこれで。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です