素焚糖は安全な砂糖?黒砂糖やきび砂糖、てんさい糖との違いは?

こんにちは。

先日食品添加物の危険に関する本を読んでから
食の安全について関心を持つようになったぴのこです。

安全で健康的な食生活を目指して
身の回りの食品の見直しを少しずつ行っています。

今日はお砂糖について。

砂糖と言えば、今まで何の迷いもなく上白糖を買っていたのですが、
精製された砂糖は体に良くないという情報を見まして(結構有名?)…

白砂糖の代わりに「素焚糖」というものを今回初めて買ってみました。
お砂糖について素人ながらに調べてみましたので備忘録がてらまとめます。

分蜜糖と含蜜糖。砂糖の製造方法の違いを理解する

まず、安全な砂糖の選び方を理解するために、
砂糖の製造方法について簡単にお勉強。

砂糖は製造方法により「分蜜糖」と「含蜜糖」に分けられます。

分蜜糖:上白糖、グラニュー糖、白ザラ糖、三温糖など
含蜜糖:黒砂糖、きび砂糖、てんさい含蜜糖、素焚糖など

砂糖の原料はサトウキビやてん採(サトウダイコンやビーツ)なのですが、
その汁から甘い成分である結晶のみを取り出したものが分蜜糖。

サトウキビとてん菜で製造工程は若干異なるようですが、
サトウキビが原料の場合で簡単にまとめると、
分蜜糖はサトウキビ→原料糖→精製糖という順番で作られます。

原料であるサトウキビを細かく砕いて汁を絞り出し、
不純物を取り除いてから煮詰めて結晶を作る。

これを遠心分離機にかけて結晶(ショ糖)と糖蜜に振り分ける。
この結晶が粗糖と呼ばれる原料糖になります。

この段階では茶色い結晶です。

この原料糖が原材料として精製糖工場に運ばれて、
さらに不純物が取り除かれて透明な糖液が作られる。

これを煮詰めて再結晶化し、
また遠心分離機にかけて結晶と糖蜜を振り分ける。

これを何度も繰り返し最終的に取り出された結晶が精製糖、
いつも使っている白いお砂糖なんですね。

グラニュー糖は上白糖よりもショ糖の純度が高く、
三温糖は上白糖やグラニュー糖を作った後の糖蜜を数回加熱して作った砂糖。
加熱によりカラメル色になるようです。

どれも結晶と糖蜜を分けて作っているので分蜜糖のくくりです。

一方で、製造過程で結晶と糖蜜を分離せずに分けないものを分蜜糖と呼びます。

分蜜糖として代表的な黒砂糖は、サトウキビの搾り汁を煮詰めて固めたもので、
糖蜜を含むため黒褐色で少し苦味やコクといった独特の風味があります。



白砂糖は体に悪いのか?含蜜糖が体に良いと言われる理由は?

では、白砂糖の何がいけないのか?ということについてですが、
分蜜糖はその精製過程でカリウム、カルシウム、鉄などのミネラルが
ほとんど取り除かれてしまうそうです。

ミネラルは糖蜜に含まれているので、それを取り除き結晶だけを抽出する分蜜糖は
ミネラルを取り除いた甘い成分だけということ。

一方で糖蜜を含む含蜜糖はミネラルを含んでおり、栄養分が残っています。
なので、分蜜糖よりも含蜜糖の方が健康的ということですね。

白砂糖=悪と言われている理由として、カルシウムを壊すだとか、
血糖値を急激に上げるとかいう情報がありますが、
そんなことはないと否定している情報もありますし、
このあたりについてはもっと勉強しないとよくわかりません。

個人的には断糖ほど厳しい糖質制限をするつもりは今のところないので、
糖分の摂りすぎには注意しながら、
比較的健康的な含蜜糖を今後は使おうと思います。

で、分蜜糖の中でも黒糖が一番ミネラルが多いそうですが、
その分味にクセがあり、どんな料理にでも合うというわけではないのが難点。

ミネラルを含んでいて、お料理に使いやすい砂糖は?ということで、
今回選んでみたのが大東製糖の素焚糖です。


素焚糖とは?モンドセレクションも受賞している安全・健康的な砂糖?

「素焚糖」と書いて「すだきとう」と読むようです。

砂糖の原料糖は約6割をオーストラリアやタイなど海外から輸入しているようですが、こちらの素焚糖は奄美諸島産のさとうきび原料を100%使用しています。

単純ですが、100%国産っていうのがなんとなく安心。

カリウム・カルシウム・マグネシウムなどのミネラル分を
豊富に含んでいるようです。

あと、過去に砂糖で初めてモンドセレクション金賞を
3年連続受賞しているらしく、その情報にも後押しされました(笑)

見た目は白砂糖よりも粉末がとても細かくて、舐めてみると優しい甘さです。

お料理に使ってみると、上白糖を使っていたときよりも
マイルドな味わいになった気がします。

上白糖を使ったときの方が甘辛いというか、強い甘みを感じます。
素焚糖は素材の味が生かされるような甘みでとても気に入りました。

特に煮物に使うのが良いようですね。
でも、他の料理にも何にでも合います。


素焚糖と黒砂糖、きび砂糖、てんさい糖の違いは?

完全に精製されていない健康志向の砂糖としては、
素焚糖の他に黒砂糖、きび砂糖、てんさい糖などが挙げられます。

ミネラル含有量で言えば黒砂糖が一番。
だけどクセがあるので好き嫌いが分かれるし、
使い方が限られてしまうところがあります。

きび砂糖は黒糖よりミネラル分は少なくなりますが、
クセが無く何にでも使いやすいため、上白糖の代わりとして根強く人気なようです。

なので、きび砂糖でも良かったのですが、
調べてみるとミネラル分は素焚糖の方が多いことがわかりました。

100gあたりの主要栄養成分は以下の通り。

  素焚糖 きび砂糖
 エネルギ ー 383kcal 396kcal
 タンパク質 0.3g 0g
 脂質 0.1g 0g
 炭水化物 97.9g 98.8g
 ナトリウム 77.1mg 10-30mg
 カリウム 212mg 142mg
 カルシウム 39.8mg 10-35mg
 マグネシウム 14.8mg 3-20mg
 リン 4.7mg 1.1mg
 鉄 0.48mg 0.15-0.45mg
 銅 0.02mg 0.05-0.30mg

まぁ、ミネラルを含んでいると言っても微々たる量ですし、
基本的には他の食べ物から摂取しなければならないので気休めですが、
ないよりはあった方がいいのかなとは思います。

また、含蜜糖の1つであるてんさい糖はミネラル(素焚糖より少ない)の他、
腸内環境を整えてくれるオリゴ糖が含まれているのが特徴のようです。
いっぱい種類がありますね。

金額的には素焚糖(600g) 300~500円、きび砂糖(750g) 300円~350円、
てんさい糖(650g) 400~500円くらい。
金額的にはてんさい糖が一番高めかな。

ネットで探される方はこちらからどうぞ。
→素焚糖を楽天市場Amazonで探す
→きび砂糖を楽天市場Amazonで探す
→てんさい糖を楽天市場Amazonで探す

とりあえずは、素焚糖の味も気に入ったのでリピしようかなと思っております。

それでは、今日はこれで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です