賃貸での家具転倒防止にガムロックTを使ってみた。壁に穴を開けずに耐震対策できる

こんにちは。

今年は西日本豪雨に北海道胆振東部地震に度重なる台風…と災害が多い年ですよね。

ぴのこ家ではもうすぐ子供が生まれることもあって、
防災意識が高まりいろいろと対策を進めております。

防災グッズや非常食を揃えるのはもちろんのこと、
重要なのが家具転倒防止や落下物対策をして
地震が来てもケガや被害が最小限に留まるようにしておくこと。

かなり背の高い食器棚などは天井との間につっぱり棒をして固定できますが、
困るのがつっぱり棒が使えない微妙な高さの家具です。

賃貸暮らしだと壁に穴を開けて固定するわけにいかないし…ということで、
今回買ったのが壁を傷つけずに家具を固定できる粘着タイプの「ガムロックT」。

早速グラグラしていた本棚に取り付けてみたので、そのレビューをまとめます。


地震による負傷の原因は家具の転倒・落下・移動が30~50%

防災についていろいろ調べていて見つけたのが、
地震で怪我をした人の約30~50%が家具の転倒・落下・移動によるものだったというデータ。

家具の転倒や落下は負傷者・死亡者を出すのはもちろん、
火災が発生したり避難ができないという事態を招くことにもなります。

防災と言うと、災害時でも生き延びるための救急セットとか
食事・トイレなどのことばかり考えてしまいますが、
それは負傷せずに生き残った後の話。

それよりもまず家具の転倒防止対策をして、
負傷しない、命を落とさないようにしないと意味がないのだと改めて感じました。

特に、赤ちゃんや小さい子供は些細な物でも落ちてきたり倒れてきたりすると致命的なので、
今後は家具の配置や固定などを子供目線で気を付けないとなと思います。


ガムロックT購入の前に壁紙にくっつくか?壁紙が剥がれないか?を要チェック

ガムロックTのような粘着タイプの家具転倒防止器具を使う場合、
壁紙にくっつくか?また、壁紙に剥がれないか?が問題になります。

この黄緑の硬いスライムみたいな粘着面で壁と家具をくっつけます。

商品レビューを見ると、中には貼り付かなかったという方もいるようなので、
壁の種類は要チェックです。

商品説明には、「伝統的な塗壁、土壁、布系壁、和紙など、透湿性の壁面。
シリコン等で剥離処理された家具面、壁面」にはくっつかないと記載があります。

ちなみに、我が家は少しボコボコした凹凸のある壁(一般的なマンションの壁?)なのですが、
事前にガムテープを貼ってみてくっつくかどうか?壁紙が剥がれやすくないか?
確かめてから購入しました。

実際に問題なくくっつきましたが、もしかするといずれ取れてきたりするのかもしれません。
その時は壁にガムテープなどのテープを貼ってからその上にガムロックTを貼るという形で対応しようと考えています。
(レビューにそのように対応している方がいたので)

いずれにせよ、時々くっついているか確認した方が良さそうですね。


ガムロックTを本棚に取り付けてみた

ガムロックTの取り付け方法ですが、
まず、しっかり粘着させるために取り付ける部分の壁と家具の汚れを落としておきます。

ガムテープでペタペタやったら壁にも結構ほこりがついてました(汗)

まず壁側から貼り付けます。裏紙を外すと粘着面はこんな感じ。

位置を決めたら壁に押し付けて固定します。
家具側の接着面が浮かないようにするのと、後で引っ張る裏紙が外に出るようにしておく。

壁にしっかりくっついたら、家具側の裏紙を引っ張って外し上から押して密着させます。

もう1つも同様に貼り付けて固定完了。
すっきりしてて目立たないのが良いです。

あと嬉しいのは洗って何度も使えるという点。

家具の配置って変わったりしますからね。
壁にネジで固定していたら、変える度に壁に穴が開いてしまいます。

ガムロックTなら壁を傷つけることなく繰り返し使えるので配置換えも気軽にできます。
ただ、貼って剥がしてを繰り返すと強度がどうなるのかという懸念もありますが…


ガムロックTの強度を評価。ビフォアー・アフター動画

さて、ガムロックTの取り付けが完了したので肝心の強度のチェックです。

商品の説明では震度7対応の強度とのことですが、
ガムロックTでの固定によってどのくらい動かなくなったかを動画に撮ってみました。

こちらが取り付け前の動画。
前後左右に揺らすと踊るようにグラグラで強めの地震が来たらすぐ倒れそうです。

 

寝ているところにこの本棚が落ちてきたら完全にアウトです…

旦那がたまにここで昼寝してるから危険。
今まで無事で良かった…

で、ガムロックTを取り付けた後の動画がこちら。

 

かなり固定されています!
強めに前に引っ張っても、粘着ジェルが衝撃を吸収して壁にくっついたままです。

うちの場合、本棚の後ろにコードを通している関係で壁ぴったりに固定していないので、
壁にくっつけていればより強度は強いのではないかと思います。

実際に地震が来てみないとわかりませんが、
これだけ固定されていればとりあえず安心でしょうという感想です。

あと問題は耐久性ですね。


ガムロックTの耐用年数。10年持つか…期待。

気になるガムロックTの使用期限は開封後10年間のようです。
使用条件にもよると思いますが、普通に使っていれば10年ほど持つとのこと。

貼ったり剥がしたりを繰り返していれば寿命短くなるのかなぁ。

こればっかりは使ってみないとわからないので、
あとはどのくらい耐久性があるか期待しつつ様子を見るしかないですね。

とりあえずは、懸念事項だった家具が固定できて一安心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です