24時間換気の電気代や効果は?

先日家計簿を整理していて気付いたこと。
電気代が昨年に比べると上がっている…。

昨年の夏に広いマンションに引越しをしたので、
使用量も増えているのだろうとは思うけど、
先月は昨年よりも1,500円増加。

何をそんなに使っているのだろう…
ふと、広さ以外に前と違う点を考えてみたところ、
マンションについている「24時間換気」が高いのでは!?と思いつきました。

今住んでいるマンションには、お風呂とトイレに24時間換気がついています。
引越してきたときに、基本ずっとつけておいてくださいって言われたので、
(取扱説明書で見たのか?…記憶はあいまい)
なんの疑いもなく一日中つけてるのですが、そもそも必要なのか?と。

実際、お風呂乾いたら消してドア開けとけばいいし、
トイレも臭くなければ換気扇ついてなくてもいいし、
なにより結構音がうるさいし、電気代安くなるなら消した方がいいのでは?
と思い、調べてみました。




・・・・・・・・・・・・

結果、24時間換気はほとんど電気代がかからないことが
わかりました∑(=゚ω゚=;)ナニッ!?

電気代で言うと、24時間換気扇を回しっぱなしでも、
月に数十円〜数百円しかかからないとのこと。

なんだ〜。換気扇って電気代かなり安い部類みたいです。
密閉された空間を換気して空気の流れを良くする効果を考えたら
つけておいた方が断然Goodです。

2003年に建築基準法が改正されて、
現在では24時間換気システムの設置が義務化されているそうです。

最近の家は、断熱性が高くなったのに伴って密室度が高くなったため、
家の中の空気の流れが悪く、室内に化学物質がこもって
シックハウス症候群やアレルギーになる人が増えてきたからとのこと。

たしかに、マンションでお風呂やトイレに窓がないので、
換気扇回さないとカビや臭いが心配だし。
音はゴォゴォうるさいけど、もう慣れたし。

衛生面や健康面を考えて、大してお金かからないならケチる必要はないな。
じゃぁ、1500円アップの要因はなんなんだろう。。。

考えればいろいろありました。
キッチンでの電気の二重付け(天井の電気とシンク上の電気)、
洗面所でも二重付け(天井の電気と洗面台の電気)…

料理を前よりするようになったので、
オーブンやトースターも前よりよく使います。
家にいる時間が長いので電気ポットも頻繁に使ってるし。

あと、便座の暖房だ。前はなかった。
これ、結構かかるみたいですね。月々数百円!

自分たちとしては前と変わらず生活しているつもりですが、
1,500円くらいすぐに追加になるんですね。

一般的な家電の電気代ランキングの情報です。
良かったら参考にしてみてください。
なんとなく、ドライヤーは電気代高いとかイメージあるけど、
漠然とした感覚しかなかったので、具体的にわかっておもしろいです。

ちなみに、総務省の家計調査のデータによると、
一般家庭の電気代平均額は、2人世帯だと月平均9,763円だそうです。
働いている勤労者世帯の場合は8,927円。

居住環境や生活スタイルにもよるので何とも言えませんが、
結構かかるもんなんですね。中央値が知りたいです。

ちなみに、うちはエアコン使わない時期で4,500円〜5,000円。
あまり比較にならなくて、妥当なのかどうかよくわかりません。

切り詰めて生活するのは嫌だけど、
無駄な部分は省いて節約していきたいなと思います。

それでは、今日はこれで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です