nanacoのクレジットカードチャージで住民税の節税!

昨年度で会社勤めをやめたため、
今年から住民税が普通徴収になりました。

今までは給与から天引きされていたから、あまり実感がなかったけれど、
自分で支払うとなると税金高いなーと改めて思います。
年に4回でまとめて支払うから余計そう感じるのかも。

今月末までに1回目の支払いをしにいかないといけないのですが、
旦那にnanacoカードで支払うと節税になるとかいう話をどっかで聞いたよと言われ、
(;;;゚Д゚)ナニ?!っと思って調べてみました。



個人で支払う普通徴収の場合、役所から納税の案内が送られてきます。
納期は6月、8月、10月、1月の年4回で、それぞれ納付書が入っています。
一括で払うことも可能。

納付場所は役所、銀行などのほか、コンビニでも支払いができます。
窓口は基本現金支払いです。

住民税の支払いでどう節税するのかというと、
要はクレジットカード払いにしてポイントを貯めることで得をするということです。

住民税などの公金のクレジットカード支払いは、
Yahoo!公金支払い」というサービスを利用してできるのですが、
残念なことに、クレカ支払いに対応している市区町村は現状限られているのです。

ていうか、ほとんどまだ対応していなくて、
もちろんぴのこの居住区でも対応していません…。

あと、このYahoo!公金支払いでたとえクレジットカード支払いができたとしても、
1%前後手数料が取られるのです。
クレジットカードのポイント還元率が高くなければ全く意味がないです。

では、どうするか?というと、
電子マネーのnanacoを利用してコンビニ支払いをすること!

セブンイレブンでは、現金じゃなくてもnanacoで住民税が払えます。
そして、このnanacoのチャージを現金ではなく、
クレジットカード経由にすることでクレカのポイントを貯めるのです。

例えば、カードのポイント還元率が1%なら、
住民税を1回50,000円払ったら500円、年間で2,000円の節税になります。

へー、そんな裏ワザ?的なのがあるのか。
そういうの疎いので、アンテナ張って賢く節約しなきゃなと改めて思います。

ただ、ここで重要な点が、
「nanacoにチャージできるクレジットカードは限られていること」と、
「ポイント還元率が高いカードも限られている」ということ。

どのカードでもチャージできるのかと思ったら、ダメなのか。
JCBはOKでVISAはダメとか、えーって感じ。

ちなみに、今ぴのこが持ってるカードでチャージができるのは、
みずほマイレージクラブのJCBカードだけで、
しかもnanacoチャージではポイントが貯まらない。ダメだ。

この裏ワザをやるためには、
チャージできる&ポイント還元率のいいカードを作る必要がありますね。

いろいろ調べた結果、良いのは楽天カード(JCB)か、
リクルートカードかなという結論に至りました。

そもそも、nanacoチャージでポイントが貯まるカードが激減しているらしく、
リクルートカードは1.2%、楽天カードは1%と首位です。
他のカードは0.5%とかみたい。

もしかするとこれらのカードも
チャージのポイント付与はなくなっちゃうかもしれないけど…今のうちに。

※注※ 楽天カードは2017年11月以降ポイント付与がなくなりました(残念)

個人的には楽天カードの方が使い勝手が良さそうだなと思います。
楽天市場も使うしね。

本当はこれ以上クレジットカードとか作りたくないのですが、
年会費無料なら問題ないし、今後続く節税のためならさっさと作ろうかと思います。

ちなみに、ミニストップでのWAON支払いでも同様の節税ができるようですが、
個人的にはセブンの方が圧倒的に便利なのでnanacoを選びます。

あと、そもそもnanacoカード持ってないので、
カード作るところから始めないといけません。

スマホを使ったnanacoモバイルもあるようですが、
AndroidのみでiPhoneには対応していません。

そのため選択肢としてはカードしかないのですが、カードは1枚300円で発行。
これも金かかるのかーと思ったけど、朗報が。

イトーヨーカドーでは、8のつく日は無料でnanacoカードが作れるとのこと!
8のつく日はハッピーデーなのですv(。・ω・。)ィェィ♪

どっちにしろ6月納付分はもう間に合わないので普通に現金支払いして、
次回の8月までに8のつく日にnanacoカード作って、楽天カードも作ります(笑)



あと、1枚のnanacoカードにチャージできる金額は5万円までですが、
センターお預かり分に5万入れておくことができて、
実質10万円までチャージすることができるらしいです。

なんか、一度5万円チャージして残高確認して
また5万円チャージして、、、とか手間がかかりそうです。
ややこしくてこういうのは苦手です。

1回のクレジットカードチャージは3万円まで、
月に利用できるチャージ限度額や回数もあるようなので、
よく確認して準備しておきたいと思います!!

ちなみに、コンビニ納付は1枚の納付書が30万円以下の場合に限るので、
すっごく稼いでて税金高い人はこの方法には要注意です。

現在夫の扶養範囲内で個人で稼いでるのですが、
いずれ夫の扶養を外れて年金や健康保険料を自分で払うようになったら、
さらに支払う金額が大きくなるし、こりゃ早くやっておいた方がいいなと。

クレジットカードもいろいろ持ってるけど、
ポイント還元率とかちゃんと調べて使い方を見直しした方がいいかもな。

主婦らしくなってきました(´⊆`;)ヾ
嫌にならない程度に家計のやりくりについて調べていきたいと思います。

それでは、今日はこれで。

nanacoのクレジットカードチャージで住民税の節税!” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です